2008_11
27
(Thu)15:28

クロスステッチの本届いた♪

先日注文していたクロスステッチの本が届きました♪
いろいろ図案が参考になるものを、と選んだのですっごく楽しみにしてました~。
届いて早速見ましたが、どれもかわいい図案ですぐにでも刺したいものばかり。
ブックカバーとかブックマーカーとか簡単に出来ていいかもなぁ、と早くも構想を練っています。

【届いた本】
「かわいい刺しゅうのほん―いろいろな手法で楽しむ 」
かわいい刺しゅうのほん―いろいろな手法で楽しむ (私のカントリー別冊)

「小さな白い刺しゅう クロスステッチとクラシックなモチーフ」
小さな白い刺しゅう―クロスステッチとクラシックなモチーフ blanc

次に気になっている本は…
「小さなメルスリーから刺しゅうの贈り物」
小さなメルスリーから刺しゅうの贈り物
先日書店で見かけてとっても素敵だったのですー。
上記2冊を注文したばかりだったので、ちょっと我慢。でもいずれ!

クロスステッチの本ではないのですが、もう1冊最近買ったお気に入りの本。
先週新宿へ行った時ジュンク堂で見つけた本です。

「パリのメルスリー―小さなアンティーク手芸用品店」
パリのメルスリー―小さなアンティーク手芸用品店
パリのアンティーク手芸店の様子やボタン、刺しゅう糸など手芸小物を紹介していたり、いちいちが可愛い!これはじっくり見たい!ってことで買っちゃいました。
今も飽きもせず毎日眺めています。
ちょっとだけですが、刺繍図案が載っていたりして参考になります。
刺繍図案の表紙がまた可愛いのですー。
もう1冊NYのビンテージ本があってそちらもなかなか可愛かったのですが、どちらかというとフランスのほうが好みだったかな。

刺繍図案といえばサジューの図案。
1冊がとても高価で迷うところなんですが、刺したい図案がたくさんで参考にしたいなぁ、ということでフェリシモの「サジュー フランスの復刻クロスステッチ図案集(パターン2)の会」を始めちゃいました(*^-^*)
届くのは来月から。楽しみですー。
スポンサーサイト
2005_12
07
(Wed)20:36

お砂糖とスパイス

表紙のパッチワークやコラージュが可愛くて買った「お砂糖とスパイス」。
本のブログひなたでゆるりでもご紹介したのですが、手作り好きさんたちが見てくださるこちらでもご紹介しておきますね。以下まったく文章は同じです。

お砂糖とスパイス―マザー・グースの贈りもの
とっても可愛い本を見つけて買ってみました。
マザーグースの詩に布やリボン、スパンコール、貝殻やボタン、指輪などでコラージュした作品を合わせた宝石箱のような本。イラストレーターの河田ヒロさんが翻訳&コラージュしています。

普段創作で使い慣れているリボンや布がこんな風に可愛くなるんだ!と新しい発見にわくわくしながら何度も何度も眺めていました。
端切れを縫い合わせるパッチワークのさらに端切れ(5cm角とかのサンプルや気に入った布の端切れは捨てられずいっぱいとってある)や10cmばかり残ったリボン(これも捨てられない)、半端な数のビーズやスパンコール、可愛くて使えず仕舞いっぱなしのボタンなどなど、ちっちゃな素材たちがわんさか出番を待っています。それらを使っていつかコラージュを…と思いながらヒントが見つからずにそのまんま。どうしたもんか…と彼らを目にするたび思うものです。そんな彼らの出番がそろそろやってきそうです。
ええ、この本で思いっきり創作意欲を掻き立てられています。いくつか小さなコラージュを作って額に入れて飾ったら可愛いだろうなぁ…なんて想像は膨らむばかり。

古着屋さんのコラージュのページを見ていたら、中学生の頃家庭科の時間で、洋服をデザインし布やボタンなど手芸の素材を使って紙の上で表現しよう、なんて課題があったのを思い出しました。どんなデザイン画を描いたのか今となっては覚えていませんが、紙の上のデザイン画に布やボタン、リボンやビーズを使って切ったり貼ったり。立体的に仕上がったその作品にかなり満足し、それから家でいくつか作った覚えはあります。そんな時実家には布やボタン、糸などが豊富にあったので、いつでもいくらでも作ることが出来ました。
私の母はオーダーメイドのお仕事をしていて、お客さまのお洋服を自宅で作り納品していました。物心ついた頃から母のそんな後姿を見て育ち、小さい時は母の足元のゴミ箱に捨てられた端切れを拾って遊んでいたようです(何となく覚えています)。小さな頃から布を使って遊んでいた私には大人になっても布を扱うことは必然だったのでしょうか。実家がそうであったように我が家も布がそれはそれは沢山!ただし、母は洋裁でしたが、私はパッチワークキルトを楽しんでいます。
今は娘が私の作る作品からの端切れを使って遊んでいます。そんな姿を見ながら「あ、母もこうして私を見ていたんだろうな」と思うのです。…なーんて、1冊の絵本を読みながらいろいろと思い出したりしてしまいました(笑)
リボンやボタン、チャームなどお好きな方にはきっとたまらない本。マザーグースの詩と合わせて夢の世界を楽しんでみては。

とっても素敵な本です。本屋さんで見かけたらパラパラ見て気に入ったらご自分へのクリスマスプレゼントでも♪
2005_07
12
(Tue)16:28

ホームスィ-ツクチュリエ3

hsc3-2.jpg

「ホームスイ-ツクチュリエ3」(詳細はこちら)買いましたー。
購入したのは内田彩仍さんのサイト経由にて。彩仍さん手作りのおまけが同封されていて感激でした。
「ホームスイ-ツクチュリエ」は普段自分が作らないであろう作品が載っているので毎回楽しみにしています。今回もへぇ~という作品が沢山!自分が作らないからこそ息抜きとしてパラパラ見ることが出来て良いのかもしれませんね。

hsc3-3.jpg

おまけを広げるとこんな風。とっても素敵です♪

ブログ、エントリーとコメントをツリー化してみました。JUGEMではおなじみですが、FC2でやってみたのは初めて。上手くいって嬉しいです。見やすくなりましたよね。
2005_05
22
(Sun)14:38

気になるバッグの本

ホビーラホビーレの毎日おきにいりバッグバッグ日和。―お気に入りの布で作るバッグと小物
昨日また本屋へ行き、手芸本チェックしてきました。
買わなかったんですけど(笑)
欲しくてチェックしているのはどちらもバッグの本。
「バッグ日和」は先日も書きましたが、今度はもう一つの
「ホビーラホビーレの毎日おきにいりバッグ」
これがなかなか可愛いバッグばかりで大注目なのです。
どちらかというとこちらはパッチワークをされる方にピッタリな本かも。
綺麗だったり素敵だったり可愛かったりの布を使ったバッグなのです。
形ももちろん勉強になりそうだったし、やっぱり欲しい~。
今度機会があったら連れて帰ろうと思います。
2005_02
27
(Sun)22:10

「リネンで雑貨~手づくりの愉しみ」石川ゆみ

リネンで雑貨―手づくりの愉しみ[Amazon][bk1]
Ekocaイコッカの石川ゆみさんのリネン布小物を紹介する本。
昨日行った手芸店に置いてあってリネンのお勉強にと
買ってきました。
とってもシンプルで自由な発想の作品達。
ちょっと可愛くてついついお飾りしてしまう私には
シンプルすぎるくらいの内容なのですが、不思議と
違和感なく楽しんで眺めています。
ひとつひとつの作品に表情があって見ていてとても面白い。
バッグの形などいつか参考にさせていただこうと思っています。